トロントが誇る冬のアクティビティ7選

トロントのダウンタウンでアイススケートをする人々

少し肌寒いかもしれませんが、トロントには様々な冬のアクティビティがあり、探索する価値は十分あります。

今回は、冬のトロントの楽しみ方をご紹介します。

旅のヒント: 重ね着と食欲はトロント探索に必須です。

カナダで最も高いビルからのパノラミックビューを楽しむ 

一番に思いつくのは、カナダの象徴であるCNタワーらの壮大なパノラマビューではないでしょうか。

このランドマークがトロントのバケットリストのトップに挙げられるのには理由があります。季節を問わず、トロントを訪れたらカナダで一番高いビルの最上階から景色を眺めるスリルを味わってみてください。 

CNタワーの高さは550メートル強で、2010年までは世界で最も高い自立式タワーでした。その後、ドバイのブルジュ・ハリファに抜かれてしまいましたが、CNタワーの素晴らしさは今なお揺るぎません。
 

市内有数のスケートリンクでアイススケートを楽しむ 


カナダ人はスケートが大好きなことで知られています。そのため、トロントにも素晴らしいスケート場がたくさんあります。

ネイサン・フィリップス広場(Nathan Phillips Square)にある「Toronto」の看板を横目に滑ったり、ハーバーフロント・センター(Harbourfront Centre)で壮大なスカイラインを眺めながら滑ったり、ウエスト・アイランド・リンク(West Island Rink)で煌びやかな照明の下で何周も滑ったりと、本当に思い出深いものになるでしょう。

旅のヒント:これらのスケートリンクは週末に人気のスポットですが、平日に行けば独り占めできるかもしれません。
 

ライトアップされたアート作品であなたの1日も明るく照らす 

トロントのユニークな光の演出は、冬の美しさを思い出させてくれます。「アイス・ブレーカー(Ice Breakers)」や、「ウィンター・ライト・エキジビション(Winter Light Exhibition)」、「トロント・ライト・フェスティバル(Toronto Light Festival)」は、世界中のアーティストの作品や冬の季節そのものを祝いながら、暗い冬の夜を明るくしてくれます。

カナダでは、冬は祝うべきものなのです。

旅のヒント: 写真を撮る予定の方は、手を凍えさせずに撮影できるよう、タッチスクリーン対応の手袋をご用意ください。
 

ディスティラリー・ディストリクト(Distillery District)で食欲を満たす

トロントは美食家のパラダイスです。ディスティラリー・ディストリクト(Distillery District)で世界中の味を堪能してください。この地区の魅力は、その名前からイメージされるスピリッツやビールだけではありません。

歩行者専用の歴史的な地区には、19世紀の趣のある建物や石畳の道など、昔ながらの魅力がある一方、レストランではモダンな味や新しい食を楽しむことができます。

まずはマドリナス(Madrina’s)でタパスとカスタムメイドのジントニックを、エル・カトリン(El Catrin)でメインとしてメキシカン料理とマルゲリータを、そしてクルニービストロ(Cluny Bistro)では手作りのチョコレート、マシュマロ、アイスクリームで食事を締めくくりましょう。

旅のヒント:トロント・ライト・フェスティバルは、これらのレストランのすぐ近く、ディスティラリーの中心部で開催されます。
 

クイーン・ストリート・ウエスト(Queen Street West)の雰囲気を味わう

カナダで最もクールな通りのひとつであるクイーン・ウエスト(Queen West)は、トロントのファッション地区に位置しています。

この歴史的な地区はヒップスターの天国です。 ザ・グッド・サン・レストラン(The Good Son Restaurant)に立ち寄れば、他に類を見ない、高級でありながら快適なダイニングの雰囲気を味わうことができ、素晴らしい料理とカクテルのメニューに感嘆することでしょう(肉好きの方は、ミディアムレアのハンバーガーをお勧めします)。
 

マーケットを散策する 

トロントで最も多様性に富み、活気に満ちた地域のひとつであるケンジントン・マーケット(Kensington Market)は、歩いて回れるほどの広さで、さまざまなものが揃っています。

おしゃれなバーやコーヒーショップ、レストラン、カフェ、ブティックなどが立ち並び、マーケットを散策していると何時間も経ってしまいます。

12月21日にこの街に滞在できる方は、ケンジントン・マーケットの冬至祭で、1年で最も長い夜を盛大に迎えましょう。
 

素晴らしい眺めの部屋でウォーターフロントに癒される 

水辺というと、「冬」という言葉はまず思い浮かばないかもしれません。しかし、五大湖のひとつであるオンタリオ湖のほとりに位置するトロントでは、冬も水辺で過ごすことができます。

トロントのウォーターフロントは一年中美しく、中でも ウェスティン・ハーバー・キャッスル(Westin Harbour Castle)からは唯一無二の水辺の景色が楽しめます。

屋外で街を散策した後は、室内で快適な時間を過ごすことができます。

冬には、ダウンタウンとトロント・アイランド(Toronto Islands)を行き来するフェリーのために氷を砕く消防艇の姿を、客室や38階に位置するレストラン「トゥラ(Toula)」から眺めることもできます。
 

行く前に知っておきたい3つのこと

場所:オンタリオ州トロント(市街地の近くに2つ空港があり、飛行機やダウンタウン中心部への電車、車で簡単にアクセスできます)

時期:夏にトロントを訪れたことがある方は、冬の旅で街の新たな一面を見ることができます。

用意するもの:たくさんの上着、あればスケート靴(なくても、上記のスケートリンクではレンタルもあります)、そして食欲。
 

最終更新: 2022年1月17日