トロントの見どころ

都市体験とダイナミックなアトラクション

日数:4日間

 トロントの街並みを背景に川をカヌーで漕ぐ男

オンタリオ州は、COVID-19の公衆衛生および安全対策に安全に対応しています。

旅行前に事業者に直接ご確認ください。 今すぐ最新情報を入手してください。

トロントの基本 

58秒でCNタワーの最上階に到達し、壮大な景色を目に焼き付けてください。ガラス張りの床も見逃せません。スリリングな体験好きな方には、人気アトラクション「エッジワォーク(EdgeWalk)」をおすすめします。エッジウォークは、地上116階にあるCNタワーのメインポッドの頂上を囲むように、幅1.5mの棚の上を手放しで一周する世界最高のウォーキングアトラクションです。タワーのすぐ隣にあるリプリーズ水族館(Ripley’s Aquarium of Canada)では、サメ、クラゲ、アカエイをはじめとする16,000匹以上の海洋生物が見られます。近くにはホッケーの殿堂(Hockey Hall of Fame)があり、ホッケー関連の展示品を見たり、アイスホッケーの最高峰のスタンリー・カップに触れることができます。ガイド付き散策ツアーに参加の場合は時間を有効的に使い数多くの体験ができます。 

ダウンタウンを少し離れると、子供から大人まで楽しめるアトラクションがたくさんあります。世界最大の動物園のひとつ、トロント動物園(Toronto Zoo)では、ライオン、トラ、シロクマなどに出会えます。オンタリオ科学センター(Ontario Science Centre)の展示物は、参加型かつインタラクティブです。遊園地カナダ・ワンダーランド(Canada’s Wonderland)で1日を過ごし、93メートルの高さにそびえるギガ・ジェットコースター「リバイアサン」にトライしてみるのもありです。 

文化に浸る 

美しいオンタリオ美術館(Art Gallery of Ontario)では、ヨーロッパのオールドマスターコレクションをご覧いただけます。ロイヤルオンタリオ博物館(Royal Ontario Museum)では、カナダの歴史や世界の文化、自然史を紹介しています。 

バータ靴博物館(Bata Shoe Museum)では、エルヴィスが履いていたブルーのスエードシューズを見ることができます。秘密の通路や幽霊、優雅な庭園があるエドワード朝時代のお城、カサ・ロマ(Casa Loma)を探索してみましょう。 

近くのクラインバーグにあるマクマイケル・カナディアン・アート・コレクション(McMichael Canadian Art Collection)は、カナダの有名なグループ・オブ・セブンの画家やアボリジニのインディアン・アートの膨大なコレクションがあります。 

トロントのエンターテイメントは、迷うほどたくさんあります。ロイヤル・アレクサンドラ劇場(Royal Alexandra)とプリンス・オブ・ウェールズ劇場(Princess of Wales Theatre)では世界的に有名なミュージカルを公演しており、ロイ・トムソン・ホール(Roy Thomson Hall)はトロント・シンフォニー・オーケストラの本拠地です。フォー・シーズンズ・センター(Four Seasons Centre for the Performing Arts)では、バレエやオペラがお楽しみいただけます。TIFFベル・ライトボックスは、クラシックから最近の映画まで、世界トップクラスの映画を上映しています。ナイトライフは、華やかなバー、ビストロ、レストランで。アイスホッケーのトロント・メープル・リーフズ(Toronto Maple Leafs)、バスケットボールのトロント・ラプターズ(Toronto Raptors)、フットボールのトロント・アルゴノーツ(Toronto Argonauts)、サッカーのトロントFC(Toronto FC)、野球のトロント・ブルージェイズ(Toronto Blue Jays)など、スポーツ観戦も一年中楽しめます。 

ショッピング・パラダイス 

トロント・イートン・センター(Toronto Eaton Centre)のきらめくガラスの建物の中には、230店舗のカナダ、そして世界の店が軒を連ねています。PATH(パス)は、30キロにわたる地下道で、数々のお店、サービス、飲食店があります。世界の高級ブランド店はブロア-ヨークビルエリアに立ち並びます。ブティックやデパートで最新のトレンドとデザイナー・ファッションをお選びください。 

ウェスト・クイーン・ウェストエリアは、『ヴォーグ』誌により、「世界で最もヒッピーなエリアの一つ」に選ばれました。トロントオリジナルのカフェやレストラン、ローカルブランド、隠れ家的なギャラリーが人気です。ディスティラリー地区(Distillery District)は、19世紀の建築が保存されている、アート、カルチャー、エンターテインメントの中心地です。ヴォ―ン・ミルズは、お手頃な価格でブランド商品が買えるアウトレットモールです。ヨークデール・ショッピング・センター(Yorkdale Shopping Centre)には、高級ブランド店が並びます。 

それぞれの地区に独自のキャラクター 

トロントのネイバーフッドにはそれぞれに独自の特徴とスタイルがあります。ケンジントン・マーケット(Kensington Market)は、ビンテージ・ファッション、ファンキーなカフェ、グラフィティなどに鮮やかに彩られています。ギリシャ人街では、町の音と景色、香りを全身で感じてみましょう。中華街では伝統的な料理に舌つづみを打ったり、カナダ風にアレンジされた文化をお楽しみください。カフェとブティックが色とりどりの模様を織りなす賑やかなコルソ・イタリアで一日を過ごすのもおすすめです。ガイド付きウォーキング・ツアーに参加して、トロント住民の目で町を見てみませんか。1803年に建てられたセント・ローレンス・マーケット(St. Lawrence Market)には、農場直営店や専門店が立ち並びます。オンタリオ湖岸のウォーターフロントは、ウォーキングまたはサイクリングが楽しめます。常時カルチャー・イベントが催されているハーバーフロント・センター(Harborfront Centre)をスタート地点にするといいでしょう。ダウンタウンからフェリーで10分のところに位置するトロント島(Toronto Islands)では、車のない緑豊かな島で静かな時間が過ごせます。 

春夏秋冬、旬のフェスティバル 

トロントは年間を通してフェスティバルやイベントが開催されています。春はカナダ最大の庭園のフェスティバル「カナダ・ブルームズ(Canada Blooms)」。10日間にわたって開催される芸術祭「ルミナート(Luminato)」では、演劇、音楽、映画など様々な分野のアートが、町のステージや公共空間に息を吹き込みます。夏のトロント・ジャズ・フェスティバル(Toronto Jazz Festival)には、伝説的なミュージシャンも参加します。また、北米最大のカリバナ・フェスティバル(Caribana)では、真夏日が陽気なカリビアンリズムで満たされます。9月に開催される「トロント国際映画祭(Toronto International Film Festival)」では町に数々の映画スターがやってきます。11月の「ロイヤル・アグリカルチュラル・ウィンターフェア(Royal Agricultural Winter Fair)」は乗馬のショーやロデオ競技が開催されます。 

最終更新: 2022年2月17日